HOMEお知らせ医院案内院長紹介交通案内診療案内安心治療のために

川口市の歯医者(歯科)、ホワイトニング、入れ歯、審美歯科-石橋歯科クリニック

虫歯の治療

EPARK予約
医院の番号(048-257-5040からの連絡をもって、予約確定となりますのでご注意ください。
MOBILE SITE

携帯のバーコードリーダーで左のQRコードを読み取っていただくと当院の情報がご覧いただけます。

一般歯科

患者様とお話した上で最適な治療を提案いたします

糖を食べる

一般歯科では、虫歯や歯周病の治療を行います。
虫歯とはミュータンス菌という細菌がもつ酸によって、歯が溶けて穴があいてしまっている状態です。
虫歯はある程度進行してしまうと、自然治癒力で治ることはありません。

また、歯周病は歯の周りに付着した歯垢(プラーク)が、歯と歯肉の間に入り込み、歯を支えている骨や歯肉を侵食することで、最終的に歯が抜けてしまう病気です。自覚症状が乏しいものですが、「歯肉から血が出る」「歯がグラグラする」「口臭が気になる」などの症状をお持ちの方は歯周病の可能性がありますので一度歯科医にご相談ください。

虫歯や歯周病は毎日の歯磨きや、歯科での定期的な検診・治療が大切です。患者様の本来の歯を活かし快適な生活を送っていただけるよう、患者様のお考えや収入、お口の状況にあわせて、丁寧に説明いたします。

歯の構造

歯の構造

エナメル質
歯の表面を覆っている白いところで、最も硬い部分です。
エナメル質には神経がなく、虫歯になっても痛みはありません。
象牙質
エナメル質の下にある部分です。エナメル質よりは軟らかく、骨よりは硬い組織です。
虫歯や歯を削るなどの刺激があると痛みが出ます。
歯髄
一般的に“神経”と言われる部分です。
歯に栄養と酸素を供給する大切な役割を担っています。
歯肉
口腔粘膜の一部で、“歯ぐき”と呼ばれる部分です。
健康な場合ピンク色をしており、歯槽骨を被って保護します。
歯槽骨
顎の骨の中にある歯の根が埋まっている部分です。歯を支えています。
歯根膜
歯根と歯槽骨をつなぐための線維です。この歯根膜のおかげで、歯は簡単に抜けることはありません。
セメント質
歯根の表面を覆っている組織です。
歯根部の象牙質をおおている骨と同じような硬組織であり、歯槽骨とくっつく役目をはたします。
歯肉溝
エナメル質と歯肉の境目にある溝の部分です。
歯肉が腫れ、溝が深くなったものは“歯肉ポケット”と呼ばれます。
付着歯肉
歯槽骨に付着し、可動性の無い部分の歯肉のことです。
付着歯肉が少ないと、細菌感染に対して弱くなってしまいます。
根管
歯根の中軸にあり、歯髄の通っている管状の部分です。象牙質に囲まれています。
根尖孔
歯根の先端付近に存在する穴のことです。
ここから神経や血管などが歯の中に入ってきます。

虫歯の進行

C0

歯の表面のエナメル質が透明感を無くしており、まだ症状が無く、穴も開いていない状態です。
十分な歯磨きやキシリトールを応用することで、健康な歯に戻すことが出来ます。
C0
C1

歯の表面はエナメル質で覆われており、 虫歯はまずエナメル質に発生します。
エナメル質が虫歯になると、光沢がなくなり白っぽくザラザラした感じになります。
虫歯は上の歯と下の歯の噛み合せの部分や、歯と歯の間などに発生しやすく、この段階ではまだほとんど痛みはありません。
C1
C2

エナメル質の内側には象牙質がありますが、虫歯が象牙質まで進むと虫歯の部分が黒く見え、冷たいものや熱いものを食べた時に歯が痛むことがあります。
C2
C3

象牙質の内側には、神経や血管が密集した歯髄がありますが、虫歯がさらに進行して歯の神経まで虫歯菌に感染してしまう歯髄炎を起こし、歯がひどく痛み出します。
こうなると、虫歯になった部分の歯を削るだけでなく、歯髄まで取らなくてはなりません。
この段階まで進むと治療が終わるまで時間がかかるうえ、歯髄を取ると歯がもろくなってしまいます。
C3
C4

虫歯によって歯の上の部分がほとんど溶けてしまい、歯の根に当たる歯根まで虫歯が進行した状態を残根といいます。
このような歯の根だけ残った部分の先端、すなわち歯槽骨(しそうこつ)の中に膿の袋ができることがあります。
この膿の袋が炎症を腫れてきます。ここまで進むと歯を抜かざるをえなくなる場合が多くなります。
C4