HOMEお知らせ医院案内院長紹介交通案内診療案内安心治療のために

川口市の歯医者(歯科)、歯周病、セレック、審美歯科-石橋歯科クリニック

歯周病

EPARK予約
医院の番号(048-257-5040からの連絡をもって、予約確定となりますのでご注意ください。
MOBILE SITE

携帯のバーコードリーダーで左のQRコードを読み取っていただくと当院の情報がご覧いただけます。

歯を失う原因・歯を悪くする3つの原因

多くの歯科医院では、歯を失う・歯を悪くする原因として「虫歯」や「歯周病」が挙げられ、虫歯や歯周病予防に力を入れています。
しかし、実際はそれだけでは不十分です。
石橋歯科クリニックでは「虫歯」「歯周病」「力でつぶす(歯ぎしり)」の3つが歯を失う・悪くする理由であると考えます。「1.虫歯と3.力でつぶす」や「2.歯周病と3.力でつぶす」など、一つ一つだけではなく、それぞれの症状が組み合わさり、悪化することもあります。

1.虫歯
虫歯は悪化するほど痛みが激しくなり、神経を抜く治療を行う必要が生じたり、歯を残すことが困難で抜歯をしなければいけなくなります。
早期発見によって早期に適切な治療を行うことが肝心です。定期的に虫歯がないかチェックをするとよいでしょう。
2.歯周病
歯周病が悪化すると歯ぐきや顎の骨にダメージを与えて、歯を支えられなくなります。また、口臭の原因にもなります。
正しいブラッシングや歯石の除去などを行えば多くは悪化を防げますが、重度の場合は歯茎を切開する外科手術が必要になります。
実は日本人が歯を失う原因の多くは「虫歯」よりも「歯周病」です。早期発見によって負担の少ない治療ができます。まずは検査をしましょう。
3.力でつぶす(歯ぎしり)
歯ぎしりで歯に強い負荷がかかると、歯や歯ぐきや顎はダメージを受けます。
歯のすり減り、ひび、歯が折れる、歯の付け根部分が欠けて歯がしみる、顎関節症を起こすなど、様々な影響があります。
一般的に問題視されるのは睡眠中の歯ぎしりですが、日中にも無意識に歯ぎしりをしていることがあります。(いわゆる「食いしばり」)
それらを見過ごすと長期間に渡って歯に負担がかかることになり、様々な病気を引き起こしかねません。適切な対策が必要です。

石橋歯科クリニックの予防歯科とは?

予防歯科とは

石橋歯科クリニックの予防歯科はまず「検査」を丁寧に行い、何が原因で歯のトラブルが起こっているのか調べます。
調べた結果、トラブルの根本原因を突き止め、その原因に応じた治療をご提案しています。

一般的に歯科医院の予防歯科というと、「ブラッシング指導」「PMTC」「フッ素塗布」などが推奨されています。
もちろん、石橋歯科クリニックでもこれらの予防歯科メニューを行っています。
しかし、これら全てを一人の患者様に行うのがその患者様のお口の健康を守るためにベストな選択かというと必ずしもそうとは言えません。
患者様の歯のトラブルが起こる原因に応じて、必要な予防歯科メニューのみで治療を行っていくことが肝心です。

ですから、患者様が希望される治療を行うのではなく、どの方もまずは検査を行わせていただき、必要とされる予防治療を実施しています。
必要のない治療は行いません。

石橋歯科クリニックの虫歯の予防

虫歯の予防

虫歯を予防するには「虫歯菌」と「バイオフィルム」と呼ばれる細菌膜を破壊することが大切です。
そのために必要なブラッシング指導やフッ素塗布などの予防治療を行います。

●ブラッシング指導
患者様の口腔内環境に合わせたブラッシング指導を行い、虫歯を予防します。
●フッ素塗布
歯の表面に再石灰化を促進させる「フッ素」を塗布することで、歯の質を強化して虫歯を予防します。
●PMTC
専用の器具を使用し、歯をクリーニングして虫歯を予防します。

石橋歯科クリニックの歯周病の予防

歯周病の予防

歯周病とは「歯周病菌」に感染することが起こります。
歯や歯周ポケット(歯と歯肉の境目)で細菌が異常増殖すると歯ぐきが炎症を起こし、腫れて、歯肉溝を深くします。
通常、健康な人の歯周ポケットの深さは1~2mmですが、歯周病の方は3mm以上になります。
この深さによって歯周病のランクが異なります。このランクに沿った予防治療を行います。

歯周病の検査

1.歯周ポケットの深さを測定します。
  • ●ブラッシング時、出血する
  • ●歯が浮く感じがする
  • ●歯肉がむずむずする
  • ●口臭が気になる
  • ●歯肉から膿が出る
  • ●ものが咬みにくい
  • ●歯肉が腫れぼったい
  • ●歯がぐらぐらする
  • ●口臭がひどい
  • ●咬めない
2.歯の動揺度を調べます。(歯が動いていないかどうか)

→ 歯がグラグラと動くのはなぜ?

3.歯肉からの出血を調べます。

歯周ポケットの深さを測る時、歯肉の炎症により出血した部位をチェックします。

歯周病の治療

歯周病の検査によって患者様の歯周病の現状と原因を把握し、それぞれに応じた予防メニューを行います。
歯肉がやせて、歯がぐらぐらとしている重度の歯周炎の場合は抜歯をすることになりますが、それ以外の方は下記の対策をしていきます。
石橋歯科クリニックでは特に「ルートプレーニング」と「メンテナンス(SPT)」を重要視し、症状の悪化を予防する治療をしています。

歯周病の治療
●ブラッシング指導
歯肉炎の原因である「プラーク(歯垢)」は細菌の塊です。
そのプラークをブラッシングすることにより、除去し、歯肉が引きしまり、ポケットの深さも徐々に浅くなってきます。
●スケーリング
「歯垢」や歯垢がつきやすい「歯石」を取り除く治療です。スケーラーという専用の器具を使って行います。
歯石は歯磨きでは取り除けません。定期的に歯科医院でスケーリングを行いましょう。
●ルートプレーニング
スケーリングだけでは取り除けない歯周ポケットの奥の歯の根っこ部分の「歯石」を取り除く治療です。
キュレットという専用の器具を使って行います。
「プレーニング」とは平らにするという意味です。歯の根っこ部分の表面を平らにすることで歯石を付きにくくする目的もあります。
定期的に歯科医院でルートプレーニングを行いましょう。
●外科的処置
スケーリングやルートプレーニングをしても治療しきれなかった場合、歯肉を切開して根の歯石を除去する手術を行います。
●メンテナンス(SPT)
歯周病は治療が完了したのちのメンテナンスが大切です。おろそかにすれば再発する可能性があるからです。
そこで、石橋歯科クリニックでは歯周病治療後、状態が安定したら「SPT(サポーティブペリオドンタルセラピー)」を提案します。
「SPT」とは中等度から重度の歯周炎で治療を行った方に、治療によって安定したのちも状態を維持するために行う治療のことです。
具体的にはブラッシング指導やスケーリングを行います。定期的に通っていただき、症状の悪化を防いでいきましょう。

石橋歯科クリニックの歯ぎしりの予防

歯ぎしりの予防

現在、歯ぎしりの原因は解明されていません。多くは40~50代です。ただし、学生など若い方でも起こりえます。
よくストレスが影響するとも言われますが、逆に歯ぎしりをやめることがストレスを助長することに繋がるとも考えられています。
そこで、マウスガードをつけて歯ぎしりによる歯のダメージを軽減する治療が行われます。それが歯ぎしりの予防歯科治療の基本です。

歯ぎしりセルフチェック

家族などから歯ぎしりを指摘された  起床時に顎がだるい、肩こりを感じる 知覚過敏がある
歯がすり減った、根元が削れている  詰め物がよく取れる、割れる

当てはまるものがあれば、歯ぎしりで歯がダメージを受けているかもしれません。早い段階で適切な治療を受けたほうがよいでしょう。

歯ぎしりの対策

●マウスガード
歯型をとって、患者様に合ったマウスガードを製作します。就寝時に装着してください。
石橋歯科クリニックでは保険適用で、5,000円程度でお作りいただけますので、お気軽にご相談ください。
●生活指導
・TCHへの注意喚起

歯ぎしりと関連して語られるのが「TCH(Tooth Contacting Habit))です。
「TCH」とは歯列接触癖のことで、上下の歯を長い間、接触させる癖を指します。
通常、人の歯は何もしていないと接触していません。普通は1日に20分程度しか接触しないと言われています。

接触する時間が長い方は顎関節症になったり、朝起きたときに顎や歯に違和感を抱くようになったりします。
原因もなく歯が痛いという方は要注意です。(顎関節症の方も、原因不明の歯の痛みに悩まされるケースがあります)
特にテレビやパソコンなどの画面を見ているときは接触が多くなりがちです。
シールなど目印を近くにつけて確認するなど、普段の生活から「接触していたら離す」という習慣をつけた方がよいでしょう。
石橋歯科クリニックでは「TCH」についてのアドバイスを行っています。

・睡眠についての指導

眠りが浅いと歯ぎしりが起こりやすいと言われています。質のいい睡眠が健康な歯を保つ秘訣です。
寝る前2時間前は読書などでリラックスして過ごしていただくなどのアドバイスを行っています。